応急措置の基本 RICE処置とは? 内容や方法を詳しく解説!

【応急措置の基本 RICE】

スポーツや日常生活では、打撲や衝突など、外傷を受けることがあります。

皆さんはそんな時、どのように対処していますか?

「家に帰ったら湿布でも貼っておこう…。」

なんて絶対にやめて下さいね!

 

今回は応急措置の基本「RICE処置」をご紹介します。

 

【まず、なんて読む?】

RICE処置ですが、(ライスしょち)と読みます。

ライスは、、そう、ご飯です。

でも、ご飯を使って処置するわけではありません(笑)

詳しい方法をご紹介していきます。

 

【誰でもできる!RICE処置!】

RICE処置は、大事な4ステップの頭文字をとったものです。

R・・・Rest(安静)

I・・・Icing(冷却)

C・・・Compression(圧迫)

E・・・Elevation(挙上/=高いところに上げる)

 

RはRest(安静)になります。ぶつけたところなどを安静にしましょうということです。骨折がある時は固定もして、病院に行きましょう。

IはIcing(冷却)になります。ぶつけた部分などは、内側で内出血が起こっており、その出血が周りの細胞を圧迫して破壊することがあります。すると腫れがひどくなったり、痛みが長引いたりする原因となってしまいます。ですから、氷や氷水を利用して冷却します。

CはCompression(圧迫)になります。これは圧迫することで過度な出血を防止し、I(冷却)と同じような効果を期待することができます。

EはElevation(挙上)になります。挙上といってもわかりにくいですが、簡単に言うと、心臓の位置より高くして下さい。こうすることで、痛みの物質を重力の力で流すことができますし、腫れも予防することができます。

 

【RICE処置はいつまでやるの?】

RICE処置は48〜72時間まで休憩を入れながら継続的に行うことが理想的です。

打撲などでは痛みのピークが48時間後だといわれているからです。

もちろん冷やすことは痛みの軽減にもつながります

 

あまりにも痛いようであれば、医療機関の受診をオススメしますが、

自分でできる処置を行っていた方が治りも早いので、覚えておきましょう!

また、外出先や職場・学校で周りの人がケガをした際にも利用できますから、ぜひRICE処置を思い出してみてください!

https://youtsukaizen.com/2020/06/23/rice-treatment-explanation/https://youtsukaizen.com/2020/06/23/rice-treatment-explanation/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東地方の医療従事者/ 姿勢検定士 認定資格保持/ NSCA JAPAN 認定資格保持/ ロードバイクではアマとして活動中/ 日本におけるストレングストレーニングとコンディショニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献する