頭痛の種類や原因と対策を紹介! あなたの頭痛はどれ?

まず、頭痛とは?

医学的に頭痛とは、「頭に感じる痛みをまとめたもの」です。

そのため、一言に頭痛といっても様々なものがあります。

例えば、頭の表面が痛いのか、それとも中のほうが痛いのか。

痛みの種類では、締め付けられるような痛みなのか、それともドクドクと拍動するような痛みなのか。

このような様々な分類がありますので、症状の説明や対策をご紹介します。

 

頭痛の種類

ここからは頭痛の種類について紹介していきます。

まず、頭痛には大きく分けて2種類あります。

 

①一次性頭痛

一次性頭痛は神経などの問題ではなく、短い期間に発生する頭痛です。

具体的には、気圧の関係で起こる「片頭痛」や極度の緊張を感じている際に起こる「緊張性頭痛」があります。

普段、私たちの体に起こるのはほとんどが一次性頭痛です。

 

②二次性頭痛

二次性頭痛は頭痛の原因となる病気が特定できる頭痛です。

具体的には、「けがなどが原因で起こる頭痛」や脳梗塞などの「脳の血管が原因の頭痛」、ほかにも耳や鼻・口などが原因で起こる頭痛もあります。

 

②に関しては病院での治療が行われている場合が多いですが、①に関しては我慢する生活を続けている方もいらっしゃるので、

今日は①を中心にお伝えしていきます。

 

 

一次性頭痛とは

頭痛は大きく2種類あることをお話ししましたが、そのうちの「一次性頭痛」にもさらにいくつか種類があります。

 

①片頭痛

ズキンズキンガンガンといったドクドクする痛みが特徴的です。

頭の片側に起こることが押いですが、両側に起こることもあります。

女性に多く、家族が片頭痛持ちだと、親や子供の片頭痛持ちになることがあります。

月に1~2回ほど起こる場合がほとんどで、光がチカチカするなどの前兆があることもあります。

 

②緊張性頭痛

頭の後ろが締め付けられるように痛くなるのが特徴です。

ドクドクというよりかは、ジーンとした痛みで、肩や首、目などの痛みが起きることもあります。

また夕方が一番強く痛み入浴中や睡眠時は楽になります。

筋肉の緊張が原因で痛みが続いたり、精神的な緊張が原因です。

 

③群発性頭痛(ぐんぱつせいずつう)

目の奥がえぐられるような痛みが特徴です。

1~2時間程度痛みが続き、これが毎日決まった時間に繰り返されるのが特徴です。

目のかすみや首のはりを感じることもあり、

充血・涙目・鼻水なども起きます。

20~40台の男性に多くみられます。

 

頭痛が起きた時の対策

頭痛が起きると集中力や気力など、様々な面に支障が出ますよね。

そんな状態を解決するための方法をご紹介します。

 

病院の薬などで対応することもできるのですが、

いつでも病院に行けるわけではないと思いますので、家でもできる簡単な方法をお伝えしていきます。

基本的に頭痛では「ツボを温める」のが効果的とされています。

血流が促され、痛みの物質もたまりにくくなるからです。

 

①片頭痛の場合

画像:https://www.ssp.co.jp/eve/headache/selfcare/tsubo.html

 

②緊張性頭痛・群発性頭痛の場合

画像:https://www.ssp.co.jp/eve/headache/selfcare/tsubo.html

 

ツボの押し方としては次のポイントを確認して行いましょう。

 

・気持ちいと感じるくらいで押す

・手のひらや親指で押す

・一回5~6秒くらいかけて押していく

・2秒くらい押した状態をキープする

 

また、以下の場合はツボ押しはやらないようにしましょう

 

・食後の前後

・お酒を飲んだ後

・ツボの部分に痛みなどがある時

 

 

正しい知識と対策を!

今回は頭痛についてご紹介してきました。

腰痛・肩こりなどに続き、多くの方が経験する症状だと思います。

何となく頭痛だと思ってやり過ごしていると、重大な病気に進行することもありますし、

風邪とは違うので、ほったらかしにしていても治りません

 

自分の頭痛を良く知り、正しい対策をとることが最も重要になります。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

https://youtsukaizen.com/2020/06/27/headache-cause-solution/https://youtsukaizen.com/2020/06/27/headache-cause-solution/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東地方の医療従事者/ 姿勢検定士 認定資格保持/ NSCA JAPAN 認定資格保持/ ロードバイクではアマとして活動中/ 日本におけるストレングストレーニングとコンディショニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献する