オスグッド病の原因や症状・治療法を紹介!

オスグッドとは?

皆さんは「オスグッド・シュラッター病」という病気を聞いたことがありますか?

一般的には「オスグッド」と呼ばれ、成長期の子供さんなどに多く発生する、膝のトラブルです。

スポーツを行う人や、男子に特に多いです。

英語では、Osgood-Schlatter病と書きます。

 

オスグッドの原因は?

ここからはオスグッドの原因を説明していきます。原因といっても、わかりやすく解説するので、安心してくださいね。

今回は図に表してみました。説明をしていきますので、まずはこの図をご覧ください。

これは、人間の膝関節を簡単に表したものです。

漢字が多くて大変かと思いますので、簡単に説明していきます。

 

・大腿骨…ももの骨です

・脛骨…すねの骨です

・膝蓋骨…一般的に「お皿」と呼ばれる膝の骨です

・大腿四頭筋…ももの前側にある筋肉の総称です

・軟骨…骨と骨のクッションです

・膝蓋腱…お皿とすねの骨をつないでいる繊維です

 

これである程度把握できたと思います。図は右側が前で、左側が後ろになります。

 

ここでもう一度図を見て下さい。

①~③があることに気が付いたでしょうか?

 

オスグッドはこの過程を経て、痛みとして現れます。

次はココを説明していきます。

 

…大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)の柔軟性が低下します。

…すると大腿四頭筋にくっついている「お皿」が、上に引っ張られます。

通常であれば、大腿四頭筋が柔らかいので、自在に伸び縮みができます。

…「お皿」が引っ張られたことで、下にくっついている「膝蓋腱」も上に引っ張られます。

最終的にすねの骨の軟骨部分についていた膝蓋腱がはがれ、痛みが出ます。

 

この3つの過程を経て、痛みが発生するのがオスグッドです。

 

オスグッドになったらどうすればいい?

オスグッドになったら、一生治らないのでは?と不安になることがあるかもしれませんが、安心して下さい。

オスグッドは18歳ころから痛みがなくなってくる場合がほとんどになります。

具体的な内容は専門的な話になってしましますが、脛骨粗面部の骨端線が閉鎖することが要因です。

 

ですから、病院ではでの治療や、アイシングストレッチなどを勧められます。

薬での治療は、私自身オススメはしていませんが、

オスグッドに関しては18歳まで痛みがごまかせればいいわけですので、

薬物治療に否定はしません。

 

ストレッチでは、大腿四頭筋(ももの前の筋肉)の柔軟性を高めていきます

大腿四頭筋に関しては、正座をするだけでもストレッチできます。無理をしない程度にストレッチしてみるだけでも効果はあります。

大腿四頭筋の柔軟性が高まれば、

筋肉が自由に伸び縮みできますから、膝蓋骨を引っ張ることもなくなりますし、

膝蓋腱に負担がかかることもなくなります。

 

アイシングには痛みを感じにくくさせる効果があります。

また、炎症を抑える効果もありますから、こちらは18歳までの中継ぎといったところでしょうか。

根本的な原因の解決にはなりませんが、痛いときには試してみるのもいいでしょう。

 

アイシングの方法としては、

(1)ビニール袋に、氷3:水1くらいで入れます。この時少量の塩を入れると、更に冷えます。

(2)膝に当てて、冷やしていきます。できれば直で当てるのがベストです。

(3)初めに冷たさやヒリヒリした痛みを感じるようになります

(4)15分ほど経過すると、感覚がなくなってきます

 

(4)の状態になったら、そこでOKです。

最初は冷たいかもしれませんが、何回もやると慣れるのでぜひ行ってみて下さい!

感覚がなくなってからも続けると、組織にダメージを負ったり、体温の低下につながったりします。

必ず、ある程度の休憩をとり、感覚が元に戻ってから2回目以降はやるようにしましょう。

 

まずは病院で相談!

今回はオスグッドについてご紹介してきました。

オスグッドは、時間経過で治るものです。ですから、もし「オスグッドかな?」と思ったら、病院で相談してみましょう。

治るまでの痛みのやり過ごし方を提案していただけると思います。

 

そのほかにも、今回ご紹介した「大腿四頭筋のストレッチ」も実践してみて下さい!

正座をご紹介しましたが、ほかにもたくさんあるので、無理をしない範囲で、

皆さんなりの方法を見つけて下さいね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

https://youtsukaizen.com/2020/06/27/osgood-schlatter-information/https://youtsukaizen.com/2020/06/27/osgood-schlatter-information/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東地方の医療従事者/ 姿勢検定士 認定資格保持/ NSCA JAPAN 認定資格保持/ ロードバイクではアマとして活動中/ 日本におけるストレングストレーニングとコンディショニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献する